面白い!【ドラクエウォークをやってみた感想】

f:id:in5wjs6:20190914181007p:image

ドラクエウォーク』インストールしてみました。

いや面白いですねー!

 

ポケモンGOに似たような感じですが、(ポケモンGOはやったことがない。)

 

ドラクエウォーク』の方が面白いと思いました。

 

面白いと思った理由は、僕が幼少の頃から愛している『ドラクエ』だからです。

 

親に怒られながら、夜な夜なコソコソとレベル上げをしたり、せっかく進んだのに(Ⅲで言えば、ダーマ神殿まで行って賢者に転職。)プレイヤーの誰もがトラウマになるお馴染みの音楽に乗せて、お気の毒ですが冒険の書が消えてしまったり。

 

ドラクエには甘酸っぱい思い出がたくさんあります。

f:id:in5wjs6:20190914202949p:image

思えば、僕はドラクエとともに成長してきた人生でした。

人生において自分がレベルアップしてるのかどうか解りませんが。。

まさにドラクエが導いてくれて人生でした。

 

ちなみに人生で初めてプレイしたドラクエドラクエⅣ』 

ドラゴンクエストIV 導かれし者たち

ドラゴンクエストIV 導かれし者たち

 

第一章から第五章までのオムニバスストーリーで展開されます。

 

第五章ではこれまでのストーリーの主人公たちが集結して、パーティーになって冒険をします。ラスボス、デスピサロは当時ドキドキしながら戦った記憶があります。

 

大人になってクリアしたラストシーンは改めて感動しました。

実機ではなくアプリでしたがラストシーンは妻と二人で泣くw 

 

 

さて『ドラクエウォーク』どこが面白いのか

www.dragonquest.jp

モンスターをゲットするために歩くポケモンGOはつまり、モンスターのコレクションゲーム。ただただモンスターをゲットするだけが目的になっているため、なんだか惜しいなというのが素直な印象です。

 

熱心なモンスターコレクターたちはハマるんだろうなと思います。

 

一方で本日の本題ドラクエウォーク』

これはもう立派なRPGなんですよね。

自分が住む街にモンスターがあふれ、倒していく、レベルアップしていく。

まさに“RPG”の王道ですよね。

今やポケットにはドラクエ、耳にはイヤホン。

 

家にいてもレベル上げはできますが、肝心のシナリオも進めていかなければいけません。シナリオを進めるにはやはり、自分の足で歩いて、自分で設定した「目的地に行く」というタスクを達成しなければ、先には進めません。

 

いわゆる、“ターン制”で育ってきたおっさんの心をくすぐる、素晴らしいゲームシステムになっていると思います。

f:id:in5wjs6:20190917061043j:image

この点がポケモンGOとの大きな違いなのかなと思います。

 

福引(ガチャ)がアツい

ドラクエといえば“福引き”

このシステムはドラクエⅡ』に登場したシステムで

こんな感じ。

pandora.s18.xrea.com

素晴らしいシステムだったような気がします。

多少うる覚えになっていますがw

 

アプリゲーム(モンスト、FFRKファイナルファンタジーレコードキーパー)といえば、“ガチャ”ですよね。

“リセマラ”する若い子も多い昨今、おっさんたちはランダムに与えられたデフォルトの装備でなんとかで頑張るわけです。世代なのかw

 

ポケモンGOにはなかった“ガチャシステム”。

 

どのゲームにも存在する、普通のシステムですが、『ドラクエウォーク』は無課金でも歩きまくれば『福引き券』が貰えるので、無料でガチャを引く事が出来ます。

無課金でも充分、存分に遊べるシステムになっています。

ちなみに僕は今現在まだ課金していません。

とは言え、課金をしたほうが、冒険を進めて行く上で有利だとは思いますが。初めてまだ日が浅いので何とも言えません。

だんだん敵が強くなっていく

第一章では、スライムドラキーしかフィールド上に出てこないので、正直このゲーム簡単じゃん!と思っていました。レベルがなかなか上がらないなーと思いながらプレイしていたのですが、シナリオをどんどん進めていくうちに、出現する敵が強くなってきました。

 

これは武器と防具を強化しながらガチャらないとこの先の冒険はないぞ。。

なんて思い始めてきました。

 

ドラクエの難易度って昔は結構、理不尽だったんですw

モンスターを倒してレベルを上げて、お金を稼いで、街で装備(武器、防具)を買い揃えて、ようやく次の大陸に行く。

 

何回も小まめに教会でセーブして、全滅しないように冒険する。

 

昔のゲームに(ファミコン)に見られる慎重さが求められるようなRPGでした。

 

ドラクエウォークはガチャしてグッド武器をゲットして、それをさらに強化していけば誰でも簡単にクリアできます。

 

 

第二章中盤あたりからボスが強い

強いんですよー。

 

なにせ二回攻撃してくるヤツがいますからね。

 

あと、ボスの攻撃力が高い。

 

中盤で仲間になった僧侶の回復が間に合わなかったりして、焦りました。

“オートバトル”を解除してマニュアルで動かしました。

 

僕を含め、初めてプレイするユーザーは大丈夫かなぁ、と思うくらい難しかったですね。

 

まぁ、これがドラクエ

 

天下のスクエニさんです。

 

なんか甘いし、画面上の説明が一杯だし。

 

ゆとり仕様だし。

 

さてはこのゲーム、チョロいんじゃ?と思わせといて、だんだんシビアになってくる。

 

さすがスクエニさん!ありがとうございます。

 

これがスクエニさんです。

今となってはもう死ぬ思いでプレイしていますw

 

おっさんの性質をうまく利用しています。

 

音楽

ドラクエの音楽といえば、みなさまご存知の大先生、すぎやまこういち先生が音楽を手がけておられます。どのシリーズも名曲ぞろいです。

好きな曲を絞るのは難しいですが、あえて言うなら、Ⅴの『結婚前夜Ⅲの『下界の世界のフィールド』Ⅵの『カルベローナの街』が好きです。他にも祠(ほこら)や、Ⅳの第二章、サントハイムのおてんば姫』のフィールドが好きです。

 

名曲はまだまだたくさんありますが、すぎやまこういち先生の曲は確実に、僕の体の一部になっています。

 

まとめ

個人の感じ方は色々あると思いますが、僕はポケモンGOよりも断然、ドラクエウォーク』の方が面白いと思いました。

ドラクエウォーク』をやってる人の、約9割の方がオッサンとおばちゃんですw

 

世代の関係かもしれませんが。

 

ポケモンGOは若いユーザーの人がたくさん居た印象なんだけど。。

ま、いっか。

 

オッサン、おばちゃんだけで楽しんでいきましょう(^^)/

 

・ドラクエウォーク 公式サイトはこちら(DLもここ)

 

若い子には笑われそうですが、36のオッサンが子どもに戻るのはいつでもそばにドラクエがあったから。

 

面白いです!

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

また報告します(^^)

 

 

 

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ