子どもが怒る理由について

f:id:in5wjs6:20191006002817j:plain

おはようございます。

 

ご訪問くださりありがとうございます。

 

 

本日のテーマ

2、3歳くらいの子どもがすぐ怒る理由ついて。

 

子どもってすぐカッとなって怒りますよね。

 

僕には3歳の長男がいるので、怒った彼を間近で見ているいとついつい、あーまたすぐカッとなる。

 

とか、「この先大丈夫かなぁ(-_-;)」

 

とか思ってしまいます。

 

そんな感情と同時に、うんうんその気持ち分かるよと思っていますw

 

なぜ、カッとなるのか

いろいろやってみたい!

子どもは成長するにつれて出来ることも増え、様々なことを自分でやりたくなっていきます。

 

お父さん、お母さん、周りの大人の真似をしたくなります。

お箸を使いたい、シャツのボタンを留めたい、牛乳を自分のコップに注ぎたい。

 

などなど(もっとたくさんあります)

 

しかし、当然うまくできないこともあります。

 

挑戦するのですが、失敗する。

 

失敗する度、すぐにカッと怒って、泣きわめいたりします。

 

はいはい、これはこうだよーと親が手を差し伸べると、違う!と言って、手を払ったり、キー!とボーリュームマックスで叫びますw

 

怒り。怒り。怒り。。

 

欲求が落ち着けば、天使の姿に元どおり。

 

子育てをしていて、なぜ、こんなにもすぐにカッと怒るのか気になるところですよね。

 

僕たちも成長する過程で当然、経験してきているはずですが、忘れてしまっているんですよね。。

 

まだ未熟

人生はまだ始まったばかり

なぜかと言うと、実は、2〜3歳頃の子どもは自分の感情を言葉で表現することが出来ず、言葉や発達がまだまだ未熟です。

 

なので、泣いたり怒ったりすることで、言葉に出来ない自分の気持ちや苛立ちを表現しているのです。

 

親からすると困ってしまうものですが。

あららどうしたのかしらと焦ってしまいます。

 

でも安心してください。

 

言葉の能力や自分の気持ちや行動というものは3歳を過ぎた頃から少しずつ育ってきます。

 

もちろん、個人差はありますが、この頃になってようやく自分の感情を言葉で表現できるようになってくるのです。

 

うちの長男もどんどん言葉が出てきています。

褒める

そうすると、すぐにカッと怒ることは次第に少なくなってきます。

 

そしてよく褒める。

 

出来ないことに毎日チャレンジして、出来るようになる。そして、出来たことをよく出来たねーと褒めてあげる。その子の得意を認めて伸ばしてあげる。

 

同じように子育てに不安になっている方は多いと思います。

 

どうして、うまくいかないんだろう。。

 

僕も不安でした。

 

出来ることが増えていく、日々の成長に目頭が熱くなります。

 

出来ないことに毎日チャレンジしている長男の姿を見ていると、成長ってこんなにも素晴らしいことなんだと勉強になります。

 

決して、お子さんの発育や親の育て方に問題があるわけではないのです。

 

僕たちも彼らと同じように、こんな時代がありましたよね。

 

忘れていくんです。

 

ご安心ください。

 

今はまだ成長の途中です。

 

僕も成長の途中です 笑

 

子どもと一緒に親も成長していけばいいんです。

 

愛情を持って大きな愛で育てていきましょう!

 

最後まで読んでくださりありがとうございました^_^

 

また更新します。

プライバシーポリシー お問い合わせ