早起き

f:id:in5wjs6:20191005134939j:plain

(Pexels | Pixabay)

 

こんばんは。

 

ご訪問してくださりありがとうございます。

 

今日も早起きです。

 

早起きしていますか?

 

仕事の関係で普段から5時に起きています。

 

そのおかげで夜がめっきり弱くなりました。

 

21時を過ぎると目が重たくなります。少し横になればもう夢の中ですw

 

寝つきが悪かったのですが、自然と眠りに入っていけるようなりました。

 

 

早起き

仕事の関係で朝が早いとはいえ、早起きが習慣化してきました。

約3ヶ月は朝5時台には起きているのではないでしょうか。

 

三文の徳

“早起きは三文の徳”とも言いますが、何文かの徳も幾文かはありましたw

 

例えば、見知らぬおばちゃんに自販機でジュースを奢ってもらったり。

 

1円とか10円とか100円拾ったりw

 

“早朝の景色は自分だけのもの”という、自分だけがその時間の空気や、気温、匂いを知っているという特別感だったり。

 

感受性さえも磨かれるような気がします。

 

そこで、早起きについてのメリットを自分なりに考えてみました。

 

早起きしたい方のお役に立てれば幸いです。

 

早起きのメリット

◎まず一つ目に、『使える時間』が増える。

 

これは圧倒的です。

 

時間を味方付けたような感覚です。

 

時間が増えるというのはやはり早起きの最大のメリットではないでしょうか。

 

会社に9時出社として考えた時、5時に起きれば、約3時間の余裕が出来て、勉強や読書に時間を使うことができます。

 

高知は都会と違って電車(路面電車)が満員なることはないのですが、通勤ラッシュを避けることができ、ストレスフリーで出勤できます。

 

ちなみに私は朝、子供の保育園の荷物の準備をして洗い物をしたり、ゴミを出したり、軽く柔軟したり。

 

休みの日は散歩したり、読書をしたりしています。

 

早起きってすごいんだよ

◎二つ目メリット。「すごいですね!」って言ってくれる。

 

単純に嬉しくなります。

 

早起きは日本人の美徳とされています。

 

特におばちゃんなんかは早起きをする人のことを褒めてくれます。

「僕(私)、早起きなんですよ」と言えば、だいたいの人からすごいですね!と驚かれ、だいたい尊敬されますw

 

「あんたすごいね!私なんてもうムリムリw」

だいたいのおばちゃんは「すごいね!」言ってくださるので、真摯に受け止めて良し。

 

早起きする人=素晴らしい人。

 

という、おばちゃんたちの刷り込みがそうさせる世代なのかなとも思います。

 

まとめ

早起きのメリットは“使える時間”が増えるということだけですね。

 

僕の体感としては“時間持ち”になれる。

これが早起きのメリットだと思いました。

 

あと、早起きは体の機能が上がるとか、お肌の調子が良くなる、健康になるという噂もありますが、僕は特にそんな実感はなかったです。

 

その一方で、早起きは体に悪いという情報もあります。

 

早起きのデメリット

◎一つ目に『ダルい、しんどい』

 正直しんどいですねw

 

早起きをすると当然、前日の夜、寝る時間を早くしなくてはいけません。

 

例えば、朝5時に起きると設定して、夜は10時に寝ても約7時間は睡眠が出来るということになります。

 

寝る時間は早ければ早い方が当然いいに決まっています。

 

が、現代人はSNSに始まり、twitterFacebookInstagramやネットにYouTubeNetflixKindleにと夜は大変忙しい。

 

ついついタイムライン、新着情報を見てしまいます。

 

早起きのコツはすべてシャットダウンすること。

 

寝る前にはスマホを見ない。

 

読書はいいと思います。

 

読んでいるうちに自然と眠くなるので。

 

目覚まし時計を買って5時にアラームをセットする。

 

これで晴れて5時起きができるようになります。

 

習慣化

◎二つ目のデメリット『継続』

 

早起きしたいのであればまず継続をしなくてはいけません。

 

継続しなくてはならない。

 

これがなかなか難しいんじゃないかと思います。

 

僕は飽きっぽいので色んなことが継続できませんが、早起きは継続しています。

 

早寝もそうですが、早起きにもコツがあります。

 

継続を習慣化してしまえば楽勝、、かもです。

 

体に悪い

◎三つ目のデメリット「体と心に悪い」

びっくりしますよね。

 

早起きは最高だよとここまで書いてきて、僕もびっくりしています。

 

早起きするとどうやら寿命が縮むみたいです。

 

早起きが病気のリスクを高めているらしいのです。

 

 病気にかかりやすくなったり、集中力が落ちるそうで、その原因は『人間の体内時計の“ズレ”』にあると言います。

 

“体内時計は身体のあらゆる部位に存在します。例えば脳の視交叉上核という場所に体内時計が備わっていますが、早起きすることによってこれがズレてしまうと、著しく脳の機能が低下します。すると集中力や記憶力、コミュニケーション能力などが著しく減退してしまうのです”

gendai.ismedia.jp

※引用させて頂きましたm(_ _)m

 大変面白い記事です。

 

まとめ

メリットとデメリットはどんなことにもありますが、早起きをしなければいけないよということは全くないので、ムリなく普段通りの生活を心がけましょう。

 

早起きしてるから偉いとか、そういったことは全くありません。

 

ただ、早起きをすれば“使える時間”が増えますよということだけです。

 

その時間をうまく使って自分に投資することもできる。

 

人には色んな価値観があるので、あなたに合った価値観を大切にしましょう!

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

以上、早起きのメリット、デメリットでした。

 

また更新します^_^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ